白髪染め比較ナビ - 口コミ人気のオススメ商品とは?TOP > 製品の特徴 > 生え際専用について

生え際専用について

 

私の母は白髪がすごくて、生え際の白髪が伸びてくるたびに美容室に通っているんですが、それはどう見ても不経済ですよね。

 

最近の白髪染めは簡単に出来るし、髪の毛にダメージを与えないようにトリートメント効果があるものも多いので、自分で染めるのを勧めています。

ただし、生え際の白髪を染めるといっても、素人ではどうしても髪の毛全体を染めるしかないと思う方が多いですよね。

 

これだと、確かにいくらダメージが少ないと言っても、こまめに美容室に通ってしまうのはしょうがないのかもしれません。

 

どんなに髪の毛に優しい白髪染めでも、使用頻度が高ければその分髪の毛に負担をかけてしまうのは当然で、髪の毛が傷んでしまいます。

 

となると、理想的なのはやはり生え際などピンポイントで染めることが出来る物ですね。

 

そんな中、美容室で生え際だけを染めるリタッチという技術があるように、白髪染めでも生え際だけを染められるものもたくさん出ているようです。

 

生え際専用の白髪染めは色々な種類が発売されていますが、比較してみるとテクスチャーが固めのクリームタイプが使いやすいそうです。

 

テクスチャーが柔らかいと素人では黒い部分にもついてしまうので、リタッチの意味がなくなってしまいますからね。

 

また、ムースタイプの白髪染めも、生え際などのように1部分だけを塗るのは難しいそうで、クリームタイプと比較するとあまり人気がありません。

 

もし手先が器用なのであれば、スプレータイプや生え際だけに塗りやすいマスカラタイプもありますが、シャンプーで色が落ちてしまうのであまりお勧めではないようです。

 

製品の特徴記事一覧

市販品について

私の場合、いつも美容院で白髪染めをしているんですが、白髪は色が抜けやすいのか、とにかくこまめに染めないとすぐに根本が白くなってしまうんですよね。と言っても、白髪染めはやはり...

男性用について

私の場合、以前は男性が白髪になるのは当然というイメージがあったので、男性用の白髪染めというのを意識したことはありませんでした。なので、男友達が白髪染めをしていると聞いてびっ...

生え際専用について

私の母は白髪がすごくて、生え際の白髪が伸びてくるたびに美容室に通っているんですが、それはどう見ても不経済ですよね。最近の白髪染めは簡単に出来るし、髪の毛にダメージを与えない...